カウンセラー堀江抄栄の心理コラム
2017/10/03
色によるコミニュケーション
色を認識して生活ができる幸せ⇒考えたことありますか?
色彩によるコミニュケーションを私たちは、毎日しています。

例えば、Aさんが暖色系の薄いピンク色のセーターを
着ているとします。
⇒Aさんにあった人は、元気そうで
 顔色のとてもいいわ。と感じます。

2~3日後、またAさんと会いました。
Aさんは、濃いめの青いシャツと黒いスカートをはいていました。
⇒Aさんにあった人は、顔色が悪いから気分がすぐれないかしら
 と思います。

この状態は、言葉でのやり取りではなく
Aさんの洋服の色で印象を受け取ってしまっているのです。

これが色彩によるコミニュケーションです。

自分自身で、今日は優しく清らかな印象を作り出したいと思えば
色彩の工夫でいくらでも相手に、伝えることができるのです。

「優しく、清らかな印象を伝えたい」と思えば
水色の洋服はいかがでしょうか。
この水色には、白の持つ若さ。
青の持つリラックスさが、表現されています。

これから秋の季節がやってきます。
大人の女性の雰囲気を出したければ、ワインカラーは
どうでしょうか。
このワインカラーが似合う人は、
肌色が、少し青みがかかっている方に、おすすめです。

キャメル色もとても素敵です。
秋の公園を歩けば、大人の女性として輝きを増すことでしょう。
この色が似合う人は、肌色が少し黄みがある人です。

不登校、発達障害相談        スタジオC25
2017/06/14
完璧な自分
完璧を求める学生がいます。

なぜでしょう?
母親に幼いころより甘えられなかった状況の学生です。
完璧を求める学生は、不登校の学生に多々見られる共通した特徴だと考えられます。
自分自身が完璧な学生ではないと、全てがダメになってしまうという、偏った考え方が見られます。
本人も完璧がこの世には、無いことは理解しています。
しかし本人は、完璧にしないと無価値になってしまうと思っています。
完璧であった時、よい子であった時だけ母親は、認めてくれるからです。

その学生は、高校も頑張って卒業しようと、試みました。
やはり、高校3年生で不登校になってしまいました。
それでも頑張り、大学に進学しました。
再び息苦しくなり、苦しくなり1年生で休学をしました。
その後、退学をしました。
そのような自分が、許せなくなります。

母親には「これからどうするの?好きにして良いわよ。」と言われます。
一般的にみればこの言葉は、親が子供に対する愛情の現れと思いがちです。
この学生にとっては、心に刺さる矢を放たれた気持ちになります。
「好きにしてよい」という言葉に、見放されたと感じるのです。
一瞬にして、海の底に突き落とされた気持ちになります。
でも頑張るのです。

またこの学生は、心を新たに学校に再び入学するのです。
授業の前期は、何とか気を取り直し出席ができましたが、
連休明けからは、欠席が続いています。
今も2週間に1日ぐらいしか出席できていません。
でも本人は、常に頑張っています。
それでも頑張りがまだ足りないと思っています。
頑張りすぎて、体調を壊し、精神的バランスを崩してしまっています。

自分についての否定的な思いは、母親との関係が深く関係しています。
私が、「どんなお母さん?」と尋ねると必ず不登校気味の学生は、
「よい母親」と答えます。

本当に、あなた自身が思う「よい母親」であれば、
自分自身に、自己否定的な思いは抱かないし、苦しむことはないと
少しづつですが、伝えています。

周りの大人が、やさしく心に寄り添い、その学生の心のドアが
開くのを時間をかけて、待ちます。
ゆっくり待つことが、必要なのです。

また、学校でその学生の笑顔が見られるよう願っています。

不登校相談・発達障害の相談は、スタジオC25まで。
カウンセリングの種類
詳細はこちら
エリア
東京都内を中心に訪問カウンセリングを承っております。
スタジオC25へのお問い合わせ
オーラソーマミニリーディング
オーラソーマ ミニ セッション
オーラソーマは、美しいボトルを使ったカラーセラピーです。自分自身の意識と無意識の心のバランス把握するのに役立ちます。 自分の意思をうまく伝えられない小さな子供でもボトルを選ぶことで気持ちを表現することができます。 子供との円滑なコミニュケーションにオーラソーマを活用してみませんか。
  • 30分 ¥5,000(税別)
  • 60分 ¥8,000(税別)
  • 90分 ¥10,000(税別)
  • 10分延長に付き¥1,000(税別)
スタジオC25へのお問い合わせ