カウンセラー堀江抄栄の心理コラム
2017/06/14
完璧な自分
完璧を求める学生がいます。

なぜでしょう?
母親に幼いころより甘えられなかった状況の学生です。
完璧を求める学生は、不登校の学生に多々見られる共通した特徴だと考えられます。
自分自身が完璧な学生ではないと、全てがダメになってしまうという、偏った考え方が見られます。
本人も完璧がこの世には、無いことは理解しています。
しかし本人は、完璧にしないと無価値になってしまうと思っています。
完璧であった時、よい子であった時だけ母親は、認めてくれるからです。

その学生は、高校も頑張って卒業しようと、試みました。
やはり、高校3年生で不登校になってしまいました。
それでも頑張り、大学に進学しました。
再び息苦しくなり、苦しくなり1年生で休学をしました。
その後、退学をしました。
そのような自分が、許せなくなります。

母親には「これからどうするの?好きにして良いわよ。」と言われます。
一般的にみればこの言葉は、親が子供に対する愛情の現れと思いがちです。
この学生にとっては、心に刺さる矢を放たれた気持ちになります。
「好きにしてよい」という言葉に、見放されたと感じるのです。
一瞬にして、海の底に突き落とされた気持ちになります。
でも頑張るのです。

またこの学生は、心を新たに学校に再び入学するのです。
授業の前期は、何とか気を取り直し出席ができましたが、
連休明けからは、欠席が続いています。
今も2週間に1日ぐらいしか出席できていません。
でも本人は、常に頑張っています。
それでも頑張りがまだ足りないと思っています。
頑張りすぎて、体調を壊し、精神的バランスを崩してしまっています。

自分についての否定的な思いは、母親との関係が深く関係しています。
私が、「どんなお母さん?」と尋ねると必ず不登校気味の学生は、
「よい母親」と答えます。

本当に、あなた自身が思う「よい母親」であれば、
自分自身に、自己否定的な思いは抱かないし、苦しむことはないと
少しづつですが、伝えています。

周りの大人が、やさしく心に寄り添い、その学生の心のドアが
開くのを時間をかけて、待ちます。
ゆっくり待つことが、必要なのです。

また、学校でその学生の笑顔が見られるよう願っています。

不登校相談・発達障害の相談は、スタジオC25まで。
2017/01/02
親の目線
親はいつからか、子供に普通になってほしいと望むようになります。
子供が誕生する時は元気に産まれることを望み、幼稚園、小学校に行くにつれ、
普通に育ってくれることを望みます。みんなと一緒に学校に行って、
勉強してそこそこの成績をとって大学に行かせたいと思います。それは当然の事だと思います。
しかし、発達障害と診断され、自分の子供の能力に偏りがあると、分かった時点でも認めようとしません。
頭では何か違うと思っていても認めるには時間がかかってしまいます。
そうこうしている間でも子供たちは日々成長していきます。
小学校中学年ぐらいになると勉強についていかれなくなってします。
発達障害の子供たちは何がどうなっているか毎日不思議な世界に入り込んでしまったような
生活感を学校で味わうようになります。

A子ちゃんは理科の授業が大好きです。虫の観察や水の流れを見ているのが大好きです。
水槽で泳いでいる金魚を見ているのが大好きです。でも算数ができないので九九も苦手でお金の計算もできません。
それはA子ちゃんの個性です。
それでもA子ちゃんはA子ちゃんなのです。
A子ちゃんがこれから幸せに暮らしていけるように親は考えて学んでいかなくてはならないと思います。

九九ができなくても生きていけます。お金の使い方も親が工夫して考えてください。受け入れてください。
能力が偏っていても良いのです。普通や世間体を気にしないでください。
スペクトラン症候群の人は誰一人として同じ性格の子供はいません。みんな個性の塊です。

大人になった発達障害の人は極端に言えば二通考えられると思います。
まず、親に愛を充分にもらった子供はそれなりにストレスを抱えず、仕事を得ることができます。
もう一方は、親の理解が得られず、普通にならないことで親から暴力を振るわれて育った発達障害の子供は
大人になりストレスにより二次障害を起こし、社会に出ることができなくなり、家に引きこもります。
そのような極端な例をたくさん見てきました。どちらが良いのでしょうか。
親は子供と向き合いながら愛情をたくさん与えてください。
愛が根底にあれば、発達障害の子供たちは将来、大人になっても得意分野で輝く事ができるのです。
そのことを期待したいと思います。          

ご相談はスタジオC25まで
カウンセリングの種類
詳細はこちら
エリア
東京都内を中心に訪問カウンセリングを承っております。
スタジオC25へのお問い合わせ
オーラソーマミニリーディング
オーラソーマ ミニ セッション
オーラソーマは、美しいボトルを使ったカラーセラピーです。自分自身の意識と無意識の心のバランス把握するのに役立ちます。 自分の意思をうまく伝えられない小さな子供でもボトルを選ぶことで気持ちを表現することができます。 子供との円滑なコミニュケーションにオーラソーマを活用してみませんか。
  • 30分 ¥5,000(税別)
  • 60分 ¥8,000(税別)
  • 90分 ¥10,000(税別)
  • 10分延長に付き¥1,000(税別)
スタジオC25へのお問い合わせ