カウンセラー堀江抄栄の心理コラム
2014/09/06
色の印象で味覚が変わる?[親子カウンセリング・スタジオC25]
色の印象で味覚が変わる?[親子カウンセリング・スタジオC25]
味覚を最も楽しませてくれる色は、何色でしょうか?どうも国によって印象が変わります。
日本においては、白色と茶色に親しみを感じ、美味しさを感じるのです。
また、最も不快感の食品の色は、青色です。この中に黒色も加わってきます。黒色は、少しの面積であれば大丈夫です。イカ墨のパスタは、注文するのに勇気がいりますね。とてもおいしいのですが・・・
では、白色の食品を挙げてみます。白米、お豆腐、アイスクリーム、ミルク、ポテト、新鮮な魚などです。
これらの食品を扱うスーパーや店舗では、より清潔感や心地よさ、安心感を与えるために店内の装飾や壁を白色にしています。うまく白色を上手に生かしています。
特に、アイスクリーム店などは、白色とピンク色で演出をし、より甘さや幸福感を消費者に与えてくれます。
茶色の食品は、何でしょうか?
焼き肉、チョコレート、ホットコーヒー、アーモンド、ライ麦パンなどです。
美味しそうですね。これらは、自然の物を連想させるのです。土壌や樹木などです。人間の安心感を誘うのです。
また、直に焼いたり、オーブンで焼いたり、炒めたりしたものも茶色に含まれます。
とても興味深いもです。
暑さもひと段落し、秋の気配を感じる時期は、心身ともにバランスを崩しやすいので、是非とも気をつけてください。
美味しいものを食べ、体力を回復してください。

臨床心理カウンセラー 堀江由美 スタジオC25まで何でもご相談ください。
2014/08/21
夏休みが終わる不安?  [スタジオC25・親子カウンセリング]
夏休みが終わる不安?  [スタジオC25・親子カウンセリング]
夏休みも後半になりました。親も子供も夏休みが終わる不安に駆られる時期です。
親は、日常のわずらわしさから逃れる日を数えるようになります。子供は、学校という友達に会える期待感と学校生活、というストレスを感じる複雑な気持ちに襲われる時期でもあります。
また、不登校気味であれば、親も子供も学校に行けるか不安という気持ちにもなります。
お互い複雑な気持ちになる夏休みの後半です。
でも、そろそろ不登校気味の子供であれば、生活にメリハリをつけていく状態がいいですね。
親の焦りは、子供に伝わります。子供の不思議な力だと感じます。
感心するほど親の心を読む子供の高い能力なのでしょう。
きっと自分自身を守る行為なのでは、と考えることが多々あります。現場では、ハッとさせられる場面に本当によく出会います。
子供を当然のように、愛していると思っていても通じていない場合があるのです。
子供には、親の言葉と態度がとても重要です。

子供の悩み ご相談ください。       スタジオC25 親子カウンセリング
カウンセリングの種類
詳細はこちら
エリア
東京都内を中心に訪問カウンセリングを承っております。
スタジオC25へのお問い合わせ
オーラソーマミニリーディング
オーラソーマ ミニ セッション
オーラソーマは、美しいボトルを使ったカラーセラピーです。自分自身の意識と無意識の心のバランス把握するのに役立ちます。 自分の意思をうまく伝えられない小さな子供でもボトルを選ぶことで気持ちを表現することができます。 子供との円滑なコミニュケーションにオーラソーマを活用してみませんか。
  • 30分 ¥5,000(税別)
  • 60分 ¥8,000(税別)
  • 90分 ¥10,000(税別)
  • 10分延長に付き¥1,000(税別)
スタジオC25へのお問い合わせ