カウンセラー堀江抄栄の心理コラム
2016/06/23
ミツバチと色彩
ミツバチと色彩
最近は、銀座のビルの屋上で養蜂をしているそうです。
そこから取れた蜂蜜を販売しているとメディアを通して聞いていました。
都会の中でもミツバチは、頑張っているのだなと感心したのを覚えています。

ミツバチは、色彩豊かな花々へと飛びまわり蜜を集めています。
そう思うとミツバチは、花が咲いていれば何でもよいのだろうかと考えてしまいます。
私達の思い込みでした。
実はミツバチは、眼で色を認識し花を選んで蜜を集めているようなのです。
ミツバチの行動は、花々にとって受粉の大切な機会なのです。
花々の次の世代へのバトンタッチの役割を行っているのです。
では、ミツバチたちの見えている色とはどのような色でしょうか。
オレンジ色がかった黄色、緑色、青色、藍色、紫色、最後に紫外線を見ています。
これらの色彩の中でもミツバチの一番のお気に入りは、紫色と紫外線です。

色彩は、太陽から届く波長によって彩られています。
波長が長ければ、赤色、オレンジ色、黄色などと私たちは認識します。
中程度の波長は、緑色。
短波長は、青色、青紫色と感じています。
これらの色として感じている波長を可視光線。
色と認識していない波長は、不可視光線と言い、その光の中には赤外線、ラジオ短波
などや紫外線、ガンマー線、殺人光線などが存在しています。

それらの中で、特に私たちの見えない紫外線に、ミツバチたちは非常に興味を持っているのです。
その為に、青紫っぽい花にミツバチたちは引き寄せられてしまうのです。
ミツバチに限らず、小さい昆虫なども青っぽい花に興味があるようです。
どうもそのような理由から、花々も自然界では、赤い花の色をつけるよりは、青色っぽい花の数が圧倒的に多いようです。
でも赤い花よりは、青い花の方が小さく、可憐である方が多いのです。
ミツバチたちを巡って花々の生存競争が行われているのです。
近年、ミツバチの数が世界的に減ってきています。自然の生態系の変化が気になります。

また、ミツバチよりも凶暴で恐れられている蜂がいます。
皆さんおわかりですね。

スズメバチです。黒色と黄色の模様を身にまとっています。
人間は、この配色を自然界で見つけると、大変な恐怖や危険を感じるのです。
彩度の強い配色やコントラストの強い生物にも同様な反応を示します。

これらの配色を危険色、警戒色と言います。有毒の生物によく見られる色彩です。
例えば、スズガエル、アカハライモリ、ヒョウモウダコ、テントウムシなど注意が必要です。
これから夏の季節を迎えます。
レジャーにはくれぐれも気をつけて、毒々しい配色の生物には触れないことです。


発達障害、不登校などのご相談は、スタジオC25まで。ミツバチの行動は、花々にとって受粉の大切な機会なのです。
花々の次の世代へのバトンタッチの役割を行っているのです。

では、ミツバチたちの見えている色とはどのような色でしょうか。

オレンジ色がかった黄色、緑色、青色、藍色、紫色、最後に紫外線を見ています。
これらの色彩の中でもミツバチの一番のお気に入りは、紫色と紫外線です。

色彩は、太陽から届く波長によって彩られています。
波長が長ければ、赤色、オレンジ色、黄色などと私たちは認識します。
中程度の波長は、緑色。
短波長は、青色、青紫色と感じています。

これらの色として感じている波長を可視光線。
色と認識していない波長は、不可視光線と言い、その光の中には赤外線、ラジオ短波
などや紫外線、ガンマー線、殺人光線などが存在しています。

それらの中で、特に私たちの見えない紫外線に、ミツバチたちは非常に興味を持っているのです。
その為に、青紫っぽい花にミツバチたちは引き寄せられてしまうのです。

ミツバチに限らず、小さい昆虫なども青っぽい花に興味があるようです。
どうもそのような理由から、花々も自然界では、赤い花の色をつけるよりは、青色っぽい花の数が圧倒的に多いようです。
でも赤い花よりは、青い花の方が小さく、可憐である方が多いのです。

ミツバチたちを巡って花々の生存競争が行われているのです。
近年、ミツバチの数が世界的に減ってきています。自然の生態系の変化が気になります。

また、ミツバチよりも凶暴で恐れられている蜂がいます。
皆さんおわかりですね。

スズメバチです。黒色と黄色の模様を身にまとっています。
人間は、この配色を自然界で見つけると、大変な恐怖や危険を感じるのです。
彩度の強い配色やコントラストの強い生物にも同様な反応を示します。

これらの配色を危険色、警戒色と言います。有毒の生物によく見られる色彩です。
例えば、スズガエル、アカハライモリ、ヒョウモウダコ、テントウムシなど注意が必要です。

これから夏の季節を迎えます。
レジャーにはくれぐれも気をつけて、毒々しい配色の生物には触れないことです。


発達障害、不登校などのご相談は、スタジオC25まで。
2016/03/27
色彩コンサルタント養成講座{スタジオC25・親子カウンセリング}
色彩コンサルタント養成講座{スタジオC25・親子カウンセリング}
桜の花が咲き始めました。
待ち望んだ綺麗な桜色で街が一色になる季節です。

また、今年も色彩講座が始まります。
今回はご要望があり、1年間かけて色彩コンサルタントの養成を
行うことになりました。

初回授業 2016年4月17日(日曜日)

◆月1回のペースの授業です。
◆場所 西武池袋線 保谷駅 徒歩1分
◆授業内容 ・色彩と生活
      ・色彩の持つ意味
      ・パーソナルカラー
      ・色彩心理
      ・グラデーションの魅力
      ・建物と色彩
      ・空間と色彩
      ・人間と色彩
      ・歴史と色彩
      ・人間関係と色彩
      
上記の内容は、ごく一部です。具体的な制作、作品作りも行います。
受講料については、メールにてお問い合わせください。


色彩への理解を深め、仕事に役立ててみませんか。

スタジオC25は、心理を絡めながら色彩の勉強をしていきます。
是非、ご興味のある方は、お問い合わせください。
 


 
カウンセリングの種類
詳細はこちら
エリア
東京都内を中心に訪問カウンセリングを承っております。
スタジオC25へのお問い合わせ
オーラソーマミニリーディング
オーラソーマ ミニ セッション
オーラソーマは、美しいボトルを使ったカラーセラピーです。自分自身の意識と無意識の心のバランス把握するのに役立ちます。 自分の意思をうまく伝えられない小さな子供でもボトルを選ぶことで気持ちを表現することができます。 子供との円滑なコミニュケーションにオーラソーマを活用してみませんか。
  • 30分 ¥5,000(税別)
  • 60分 ¥8,000(税別)
  • 90分 ¥10,000(税別)
  • 10分延長に付き¥1,000(税別)
スタジオC25へのお問い合わせ