カウンセラー堀江抄栄の心理コラム
2016/01/31
伝統色の美しさ! [親子カウンセリング・スタジオC25]
伝統色の美しさ! [親子カウンセリング・スタジオC25]
伝統色をご存知ですか。
伝統色とは、日本の文字に託された色名です。
その色名には、古代から近代に至るまでの人々の色に込めた
思いや物語が隠されているのです。

最も古い日本語の色彩語「しろ、くろ、あか、あを」が
「白、黒、赤、青」という漢字になったのは、8世紀ごろと言われています。

日本人の色の原点は、この辺りにあるようです。
色彩に喜びや悲しみが表現され、時代を生きてきた人々の生活を垣間見ることができるのです。
文化的背景や季節の移り変わりも表現されており、現代まで言葉や色の美しさが
生き続けているのです。

黄丹色(おおにいろ)→皇太子の礼服の色として制定された黄赤色

瑠璃色(るりいろ) →宝石の瑠璃のような深い青の色名
           「源氏物語」にも紺瑠璃と記載されている

露草色(つゆくさいろ)→露草の花のような深い青色
            日本の青の染色の原点だったかもしれません

山鳩色(やまばといろ)→山鳩の羽のようなくすんだ緑みの黄色

浅緑 (あさみどり)→芽吹いた若葉を思わせる薄い黄緑色

鴇色 (ときいろ) →鴇の風切羽のような薄紅色
            江戸時代には、若者向けの着物の色になくてはならない色

新橋色(しんばしいろ)→明るい緑みの青
            新橋の芸者さんが好んだ色

ごく一部の記載ですが興味があれば、是非調べてみてください。

※「日本の伝統色」福田邦夫 著   参照

ご相談は、スタジオc25まで 
2016/01/03
迎春     {親子カウンセリング・スタジオC25}
迎春     {親子カウンセリング・スタジオC25}
明けましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

皆さま、今年はどのような年にしたいでしょうか。
色で例えると、どの色で生活を彩ってみたいですか。

暖色系でしょうか。寒色系でしょうか。それとも無彩色でしょうか。

暖色系の赤色、黄色、オレンジ色をイメージした一年であれば、
積極的な年になるでしょう。

寒色系の青色、紫色であれば特に変化もない、穏やかな一年を望むことでしょう。

人の気持ちと色彩には関係性があります。

人が元気であれば、活発に行動することができます。エネルギーも多く受け入れる
ことができるのです。長波長の暖色系に目が向きやすいのです。

反対に、気分が沈んだり、心配事があれば太陽光から降り注ぐエネルギーを受け入れ
るのが大変なのです。その為、短波長である青色や紫色に引きつけられてしまいます。

また、少し息切れがしているようであれば、中波長の緑色の近くに身を置きたくなり
ます。森林浴も魅力的に感じます。自然と気分を回復させたい気持ちになっていくの
です。

洋服の色の変化やインテリア小物の変化にも目を向けてください。
クッションカバーの色、テーブルマットの色、花の色、ティッシュボックスの色など
小さな変化に気付いてください。

色彩の力も借りて、心豊かに過ごしてほしいと望んでいます。


皆さまにとって、新しい年が素敵な一年でありますように心より願っております。


                     スタジオC25 堀江 沙栄
カウンセリングの種類
詳細はこちら
エリア
東京都内を中心に訪問カウンセリングを承っております。
スタジオC25へのお問い合わせ
オーラソーマミニリーディング
オーラソーマ ミニ セッション
オーラソーマは、美しいボトルを使ったカラーセラピーです。自分自身の意識と無意識の心のバランス把握するのに役立ちます。 自分の意思をうまく伝えられない小さな子供でもボトルを選ぶことで気持ちを表現することができます。 子供との円滑なコミニュケーションにオーラソーマを活用してみませんか。
  • 30分 ¥5,000(税別)
  • 60分 ¥8,000(税別)
  • 90分 ¥10,000(税別)
  • 10分延長に付き¥1,000(税別)
スタジオC25へのお問い合わせ